葬儀・法要・慶弔生花・盛篭・仏壇仏具の株式会社珍田葬祭

送るこころ

青森のお葬式

 

お葬式は、地域や宗教によって、形態が変わります。

市販されている「お葬式マニュアル本」も、青森では全くと言っていいほど役に立ちません。

また、近年、以前は無かった「火葬式」、「一日葬」でご供養される方も多くなっています。

 

青森で葬儀を行う場合や、参列する場合などの参考になれば幸いです。

 

青森と他の地域との違い

火葬の順番の違い
基本的には宗教・宗派に関わらず、火葬をしてからの「骨葬」(本葬)となります。このため、知らせを受けてから遠方よりすぐに駆けつけても、葬儀まで数日間滞在しなければならないこともあります。
また、葬儀にあわせて予定を組む場合は、事前に火葬の日取りも確認することをお勧めします。すでに火葬を終え、「最後の対面」が出来ないこともあります。
  
  青森(東北・北海道の一部)
  
  (青森県内でも地域や宗教、季節などにより、若干の違いがあります。)
  
  関東・関西(国内一般)
  
      
葬儀(告別式)の違い
青森では一般に「葬儀」と「告別式」は区別しないで執り行います。
 
会葬日の違い
通常、通夜がメインになり、会葬者も多数駆けつけます。葬儀はほとんど法要出席者(親戚など)と、通夜に出席できなかった方が参列します。
 
参列の違い
会葬者は、開式前に焼香(仏式の場合。神式・キリスト教式の場合は玉串奉奠・献花)を済ませ、式中は全員会場内に着席します。
 
法要の違い
法要は、中陰忌(四十九日)・百ケ日まで取り越して行います。
 
埋骨の違い
葬儀終了後、市内に墓地がある場合は埋骨を行います。(冬季以外) その後、式場やホテル、料亭などでお斎を行います。
 
香典返しの違い
通夜・葬式とも同じ返礼品を使い、すべて「当日返し」となります。後日の「香典半返し」は基本的には行いませんが、他の地域や高額な香典のときは忌明けに合わせて発送する場合もあります。

先頭に戻る

Copyright ©2012 CHINDASOUSAI Co.,Ltd All rights reserved.